環境に優しいって本当?壁面緑化のメリットと注意点


ヒートアイランド現象の緩和が期待できる

緑の植物には癒し効果がありますが、最近は建物の壁面に植物が覆った状態になった建物を見ることも増えてきました。壁面緑化とも呼ばれていますが見た目もおしゃれで、眺めているとリラックス効果を得ることもできます。壁面緑化は見た目が良くなるだけではなく、環境にも様々な良い効果が期待できます。広い面積に植物を育てることはヒートアイランド現象の緩和にも良いといわれています。壁面に植物を這わせることは建物の断熱効果を高めるのにもつながります。夏は涼しく、冬は保温効果もあるので快適に過ごせることになりますし、光熱費の削減にも役立ちます。さらに、汚染された空気の浄化にも役立つなど、導入には多くのメリットがあります。

導入前は注意点も知っておこう

壁面緑化の導入を考えているなら、メリットだけではなく注意点も知っておきましょう。壁面緑化には街の景観を良くする効果も期待できますが、きれいな状態を保つには定期的にメンテナンスをする必要があります。良い状態を保つには水やりも必要ですし、枯れた部分も取り除かなくてはいけません。手入れには意外と手間や費用がかかることは知っておきたいところです。

それから、導入には初期費用も発生しますし、建物の重量も重くなるので、構造に影響が出ることも考えられます。植物がある場所には虫や生きものが寄り付きやすくなるので、害虫対策についても考えておく必要があります。ツル性の植物を這わせた場合は壁面ひび割れに入り込み、亀裂を大きくする可能性もありますので、どのような植物が向いているのかはしっかりと考えておきたいところです。

壁面緑化は、ビルなどの構造物の見た目が良くなるだけでなく、排気ガスや雨による壁の汚れを防ぎたい場合にも有効です。