目も紫外線対策した方が良い?UVカットサングラスの必要性


目も紫外線の影響を受ける

紫外線対策のために肌に日焼け止めクリームを塗る人は多いでしょうが、目の紫外線対策を行っている人は少ないのではないでしょうか。目はある程度紫外線を防ぐ力があり、普段の生活の中で紫外線を浴びる分には大きな影響はありません。しかし、長時間紫外線を浴びてしまうと目の細胞が傷ついてしまい、角膜炎などの病気になるリスクがあります。また、目に紫外線が入ることにより脳が紫外線を浴びていると認識してしまう問題もあります。脳がメラニン色素を分泌する命令を出してしまうので、肌に紫外線を浴びていなくても日焼けしてしまうのです。そのため、アウトドアを楽しむなどの長時間紫外線を浴びる時には、UVカットサングラスをかけて紫外線対策をするのが重要です。

UVカットサングラスとは

UVカットサングラスは紫外線をカットする機能があるサングラスです。注意したいのが、すべてのサングラスが紫外線を防げるわけではないことです。特に濃い色のUVカットでないサングラスをかけていると、視界が暗いために瞳孔が開き、より多くの紫外線を浴びてしまうので気をつけましょう。紫外線対策のためにサングラスを購入するのなら、必ず紫外線カット率や紫外線透過率といった項目をチェックするようにしてください。紫外線カット率は数字が高いほど紫外線を防ぎ、紫外線透過率は低いほど紫外線を通しにくくなるので、間違えないようにしましょう。紫外線対策のためにサングラスをかけるのなら、大きさも重要です。大きいフレームのものだと広い範囲を紫外線から守れるのでおすすめです。ですが、大きすぎると隙間から紫外線が入るので、顔にフィットするかどうかも意識してください。

サングラスで紫外線を抑制する場合、UVカットレンズを選びます。カットできる紫外線の波長を確認する場合は、UVカット率の数字を見ます。